犬 生まれ変わり サイン

【愛犬の生まれ変わりのサイン7選】もう一度あの子に逢いたいと思っているあなたへ

 
犬 生まれ変わり サイン








犬の場合はどうでしょうか? あるお坊さんの話によると、犬は死んでから早くて数時間で生まれ変わるそうです。

飼い主に愛され、悔いなく一生を終えると早く成仏できるとの事です。

その通りだとも思いますが、犬の一生は短く、3ヶ月くらいが人間にとっての1年という事から生まれ変わるのも早いのかとも思います


 

動物はいつ生まれ変わるのか?

実は動物生まれ変わりは、人間の生まれ変わりよりも遥かに早いのです。

人間の場合には生まれ変わるまでに最低でも5年はかかるといわれていますが、動物の場合は多くが1年ほどで生まれ変わります。



 

犬は死後何日で生まれ変わる?


人間と違って犬の魂は限りなく純粋なことから、転生するのに時間を要さない。 亡くなってから2年以降、その魂が必要とされ、新しい飼い主さんとの魂レベルでの縁のもと、新しい使命と新しい身体を天から授かって生まれ変わる。 もし使命を果たしていなかったり、やり残したことがあれば、2年を待たずにできるだけ早く転生しようとする。

 

生まれ変わった犬が出している7つのサイン


  • ①容姿や毛並みが似ている
  • ②見た瞬間、直感で似ていると感じる
  • ③あざが同じ位置にある
  • ④食べ物の好みが同じ
  • ⑤癖が似ている
  • ⑥感覚的に初めて会った気がしない
  • ⑦犬と運命的な出会い方をする

①容姿や毛並みが似ている


同じ犬種でも一頭一頭、犬には違いがあります。

それがたとえ兄弟でも微妙に違ってきます。

何年も一緒に暮らした愛犬の容姿や毛並みは、飼い主さんにとって忘れようにも忘れられないものです。

もし、亡くなった愛犬と同じような容姿や毛並みの犬に出会えたら、それは愛犬の生まれ変わりかもしれません。


 

②見た瞬間、直感で似ていると感じる


人間には5感(視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚)が備わっていますが、バカにできないのが第六感。

一般的には「勘」という言葉で処理されてしまい、化学的には証明されている感覚ではありません。

しかし、長年一緒に暮らした愛犬のことを1番よく知っているのが飼い主。

愛犬を大事にしていればしているほど、その勘は正しい可能性は高まります。



 

③あざが同じ位置にある


内出血が原因でできる「あざ」。

これは血統的に出てくる先天的なものではなく、後天的にできるもの。

そんなあざが亡くなった愛犬と同じ部位にあるのなら、生まれ変わりのサインです。


同じ位置にあざができる確率は天文学的に低いもの。

そんな確率で同じあざがあるのなら、愛犬の再来でしょう。



 

④食べ物の好みが似ている


食事の好みも生まれ変わりのサインの一つです。

ドッグフードのメーカーだけでなく、「犬なのにこんなものが好きなの?」と思わず突っ込んでしまいそうなものが亡くなった愛犬と同じならば

きっとあの子の生まれ変わりなのでしょう。

これも、確率的に相当低い事柄なので、信憑性は高いでしょう。

 

⑤癖が似ている


犬には癖、というか多くの習性があります。

吠え癖や舐め癖などがありますが、中には「この犬特有」の癖があったりします。


それは何かの音に合わせて歌う癖だったり、赤いものを見ると突然吠える、テレビにある人が出ると画面の前でじーっと見続ける、

などなど、固有の癖があります。


これも、亡くなった犬と同じ癖がある場合、生まれ変わりの可能性は高いでしょう。



 

⑥感覚的に初めて会った気がしない


人間にも、突然「なんか懐かしい匂いがする」「中学2年の朝にこんな感じがした」という現象が起こります。

それと同じように、なぜか「懐かしい」という感覚を犬に感じてしまう時もなくなった愛犬のサインでしょう。

「どこかであったような…でも最近会った犬じゃないし…」というのは案外当たっているものだったりします。



 

⑦犬と運命的な出会いをする


ペットショップで見かけたり、飼い主さんと散歩中に出会う犬はたくさんいるでしょう。

しかし、運命的な出会いをした犬というのは愛犬があなたを探すための演出している可能性が。




 
  • トップページ